読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベン・ハー (2016 Ben-Hur )

ベン・ハーAmazon Primeで無料になってます。

ちょうど見たいものもなく、Homeland で諜報員のファラ役で出ていた ナザニン・ボニアディ (Nazanin Boniadi )がでてるので見てみました。
昔のも見たことがなくて重そうだしローマが悪役なんだろうな~と避けていたけど、やっぱりそうだった。(笑

お話は聖書に出てくる兄弟愛がテーマで「へ〜、こんな話なんだ。」っていうので昔のもAmazon Primeで無料なので見てみたら筋はほとんど同じでした。


海戦や戦車レースシーンはいかにも今風CGスペクタクル、すごいんですけど何か入り込めない。  本当のところはわからないけど、映像のために規模拡大しすぎな感じ。

 

ローマからすると,たぶんど田舎のパレスチナにこんな豪華なレース場つくったの? とか同じ頃そんなすごい海戦あったんだっけ? とか都合よくキリスト出てきたりとか脚本が無理矢理感満載。 まあそういう原作なんでしょうけども、な〜んか入り込めない。

ローマがキリスト弾圧して悪者、っていうムードが欧州にはあったみたいですが本当はどうなの?っていうのも相当あるし。どちらかと言うとローマの後釜のカソリック教会が前任を悪者にせざるを得なかっただけのような。 アジアから見ると「ローマってスゲーな、テルマエロマエ!」って感じなのでどうもしっくりこない。 ローマのパンとサーカスポピュリズムは原題に比べればカワイイ、という気もししますし。 「脚本がいかんせん古すぎる!」というに尽きる、へんてこ歴史叙事詩、そんな映画でした。 

 

エンディングのクレジットとかよかったし、作っている人は楽しく頑張ってたのかな?

www.youtube.com

メッセージ (原題: ARRIVAL ,2016)

ドゥニヴィルヌーブ監督 2016年公開作品 ARRIVAL (邦題:メッセージ)が公開されたので早速見てきました。 

 

原題のARRIVALはおそらく、原作から来ていて、 米SF作家テッド・チャンが1998年に発表した短編「Story of Your Life, Arrival」 がそれで原作邦題は「あなたの人生の物語」としてハヤカワから出版されています。 がくせいのころから SF小説が好きなのでこれを購入して読んでから劇場で見ました。

ネットで見ると酷評?もあり「たしかに原作は映画ににしくそうだよねー」と思いながら見に行きましたら、予告編でまたしてもブレードランナー2047! 嫌がおうにも上がります♪

でつまらないぞ!という評価もあった本作ですが、どっこい原作の良さを損なわず見事な映像化。 ドゥニヴィルヌーブ監督すごいすごい。

ラストとか細かく原作と違うところもあるのですが、原作大好きな人がうれしくなる作りでなによりエイミーアダムズがバッチリハマってます。 序盤では中年の学校教員、というやぽったい風体なのにだんだん魅力的に・・・そして、かわいさが滲んでくるあたり・・・さすがプロ、というか女優さん!  この人の鼻が地上で3本指にはいるくらい好きなので出てるだけでうれしかったりするんですけどね、ぐふふ。

派手なSFを期待して見に行った人はがっかりするのかもですが、きちんとお話重視、アカデミー俳優のフォレストウティカーをムリに活躍させようとしなかったり、いろいろ好感が持てる作品となっておりました。 映画って、いいもんですね、って思いたい方は是非。

 

 

www.youtube.com

Why Him?

ブレイキングバッドのブライアント・クランストン、ジェームズ・フランコ主演 Why Him? を 先日乗った飛行機で思いがけず見ることが出来ました。
保守的な一般家庭の両親が女子大生の娘に会いに来たら、彼氏がIT長者で! というコメディー。
IT長者役のジェームズ・フランコが日本のそれとはかけ離れた、ちょっとイっちゃってるタトゥーだらけのヒッピー系アニキ取り巻きも変人で両親困惑、強面のブライアン演じるパパに取り入ろうとして逆に騒動になったり、というありがちなドタバタ劇ですが英語がいまいちわからないながらも面白く見れました。

若干ネタバレになるのですが劇中にウォシュレットのシーンがありまして、初めて見て使う日本の有名なアレ!っていう、これまたよくあるネタなのですが、はやり未だにアメリカでもウォシュレットは珍しいんだ!っと変に感心してしまいました。

映画でも繰り返し使われるウォシュレットの直球の下ネタ、きっと誰が見てもニヤニヤなんでしょうね。

 

www.youtube.com

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の予習その1 複製された男 (原題: ENEMY )

ちょっと時間が立ってしまいましたが、公開時に町山氏の有料解説が話題になっていた「複製された男」を見てみました。

 

ドゥニ・ヴィルヌーブの映画は「灼熱の魂」だけは見たことがあり、当時、

「すごいのみちゃったなー、ヘビーヘビ〜」 という感想でグッとくるものがありましたが

「お母さん役が誰かに似てるなぁ、だれだっけ?」 というのが気になりまして監督さんのことは忘れておりました。 で、最近ブレードランナーの予告を見るうちに「そうじゃそうじゃ、予習せねば」となりましたて・・・Amazon Primeで見放題なので早速見てみました。

 

いやいや、聞いていた通り。ラストで「ひゃーーー?」っとなりました。劇場だったらのけぞるだろうな(笑

ジェイク・ジレンホールはアクの強い顔が好き嫌いの別れる俳優さんじゃないかと思いますが私生活では相当モテるらしいんですよね。 この映画もそんな話なわけですがタイトルのせいでSFかと思って最後まで見終わってしまいました。

「わっけわかんねーーぞ!」って事で2度見。 面白いけどわっかりにくいなぁ。彼女や奥さんが若くて美人だからいいけど、中年の話だったら辛いぞ2度見。 途中ででてくる蜘蛛さんたち、意味あるらしいけど「はい、そりゃもう納得でございますとも!」っていう人、どのくらい居るんじゃろか。

まぁでも退屈せずに見れるし、やっぱりこの監督すごいんだなー、きっとリドリースコットもびっくりして惚れ込んだんじゃないだろか。

www.youtube.com

 

まけてたまるか、つぎはプリズナーみるぞっと。

 

 

 

Alien: Covenant が早く見たい ジェームズ・フランコがらみで Why Him? も

ニヤケ顔俳優、ジェームスフランコ。 一時はイーサンホークと見分けがつかなかったのにドラマ11/22/63を見てからというもの、僕の中では人気俳優の地位を獲得したのですが、その彼が Alienの新作 ALIEN: COVENANT にも出ています。 

本国では去年公開だそうですが日本ではなんと9月。。。、マジですか・・。 早く見たい!
今年は公開中のパッセンジャーにメッセージが5月、ブレードランナー2049が10月とSF大当たり年な幹事です。本当は去年の作品が多いんですけどね。

それとこれも日本未公開な Why Him? シンガポールとか他のアジアでは上映していたらしいんですけどね・・・早く来ないかなぁ。

 

怖い怖い、ホラーSF、 ALIEN: COVENANT

www.youtube.com

 

で、ジェームズ・フランコ、独特の雰囲気はポルトガル系のお父さんとロシア系のお母さんから受け継いたものなんでしょうか、親族が美術館持っていたりなかなか文化的な家系のようです。


127 hours とかも良かったけど、やっぱりこのショートシリーズなドラマ11/22/63が本当に良かったです。 話も面白くて他の俳優もいい感じ。 Hulu解約しちゃいましたけど、こういうのも見放題って本当にいい時代です。

なかなかの売れっ子でたくさんの作品に出てますが出世作の DEAN、まだ見ていないのでそのうち見たいですね。

 

11/22/63 安定のニヤケ役

www.youtube.com



日本に来るのかなー? Why Him?

www.youtube.com

大好きなBreaking Bad のブライアン・クランストンと共演。これも早く見たい!

 

 

 

ケヴィンマクキッド、Trainspotting と ROME

T2で書ききれなかったのでもう1つ

Trainspottingで4バカトリオのマッチョガイ役のケヴィンマクキッド、アチコチで「見たことあるなー」っとずっと思っていたのですが改めてトレスポ1を見て「あ〜!」となりました。

ROMEの主役、元百人隊長役で出ていたんですね。 他にも色々映画に出ているけどTrainspottingの大当たりで人生が変わったうちの一人だったんじゃないかな、なんて思いました。 しかし映画ではぱっとしない感じだし何して食べてるんだろう、なんてwikipedia見たら、最近だとドラマシリーズグレイズアナトミーで頑張っていて監督までこなしているそうです。 あのドラマ、主役の女医が情緒不安定でそんな病院怖すぎるじゃん、ってスルーだったのですが何話かみてみようかな?と思いました。(チーン

 

 

www.youtube.com

T2:Trainspotting / トレインスポッティング2 と Misfits

SING!に続いて懐メロ映画(?)T2:Trainspottingを見てきました。

 

www.youtube.com

 

前のは20年前、ユアンマクレガーが泥棒して走って逃げてラリっちゃうハイセンス映画、っていうようなボヤ〜んとした記憶で見るのはもったいないぞ!っと、前日にAmazon primeで予習してから突撃しました。

内容ですが、いや〜、面白かった、楽しめました。 冒頭で ”Danny Boyle Film”のクレジットが出てきてまず感動。 サンシャインっていう変な映画を作ってしまったあと、スラムドッグミリオネアで巨匠入りし、出世作から20年後の凱旋です。 

 

ネタバレになるので細かい話はかきませんが全編にセルフオマージュが散りばめられており、映画の中に写真作品を挿入するかのような歴史に残るあのシーンやあのシーンが20年後のスコットランドに蘇ります。 もう一回くらい見に行くかもしれない、おっさんには共感できるところも多く特に私的にだぶるところもあり・・・。(汗

またタイトルやら色々謎ぽいところもある本作、ここの人物の事情の種明かしなんかもあってストーリーも続編ならではの楽しみがありました。

 

で、分からない要素その1なんですが、昔この映画を見て「エゲレスの発音ってヘンなんだ??」って思った人も多かったんじゃないかと思いますし英語教材の記事などでも訛りのエピソードで良くてネタにされています。 実際僕も当時そう感じたのですが、最近「うわー、もっと凄い訛りあるんだ」ってびっくりしたのが 英国TVドラマシリーズMisfits。 どのくらい凄いかというと、youtube検索で 
misfits kelly ,と入力すると misfits kelly accent と補完されるほどです。(笑 

www.youtube.com

元々なんて言っているかわかりませんがこうなるとホントわかりません。 

 

もうひとつわからない要素がタイトル。 Trainspotting っていみわかんないなー、っていう人多いと思いますけどコレじゃ辞書見てもわかんないや、って感じです。

d.hatena.ne.jp

物語のリースという町の鉄道操車場を意味するスラングな蔑称だそうで、廃線になったあとジャンキーのたまり場になっていた事から。 

EU金融バブルで盛り返した英国、いまではだいぶちがうことになっているんでしょう。劇中でも前作の遊んだ感じとだいぶ違います。 見に行って確認したいなぁ。 スコットランドに行きたくなる理由はもうひとつ、ランニングのシーン。 記事によると Holyrood Parkというところらしいです。 あ〜、いって走りたい。

T2 Trainspotting Itinerary - This is Edinburgh

ココ Google マップ

 

 

劇場はあまり人が入っておらず、お客さんは全年齢でホボ女性。

おっさん向けの内容だと思うんだけど世の中わからないものです。ダニー・ボイル、ホント偉大だ〜。(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#T2 #Trainspotting #Trainspotting2 #Misfits #Scotlant