わすれる前に書いとこう! おっさん映画黙視録

映画が大好きでたくさん見るけど、最近はどんどん忘れちゃう! 見て感じたことを大切に〜、映画徒然草。

口直しにたまにはビデオ。 ブロークン (原題:Manglehorn )と Invitation

しばらく気分が乗らずにダンケルク事件から復帰してなかったワタシ。

映画館にも行けずでしたが久しぶりに面白いのを見れました。(ビデオでしたけど)

全く真逆ですがアルパチーノのブロークン過去に囚われた男(原題Manglehorn) と Invitation です。

 

ブロークンはこじらせ系鍵職人の主人公マングレホーンさんと鍵を飲み込んで腹具合が悪い彼の猫のお話。  

まず、こじらせ職人が アルパチーノのはまり役で、まずこれが最高。

チョットだけしか出てこない説明もない役者も皆いい演技でわざとらしさもなく細かい所まで考えてあって、すべてが魅力的な作品で上質な小説を読んでいるような気分を味わえました。

f:id:wash-fuel:20171014123154j:plain

 猫が鍵を飲み込んでいるのと腹の中の鍵がメタファーになっていて、人生再生・成功の鍵とは? 心を開くカギはどこ? という隠喩になっているようです。 


 

「インビテーション」も登場人物が病んでいるお話でよくある「密室に集まった人たちがだんだんと険悪になってゆきついに殺人が・・・」な雰囲気で始まります。

駄菓子瑕疵、よくあるミステリーと思って真剣に見ていると騙されかけました。 
子供をなくして苦しみ離婚した夫婦が・・・といったドラマものに見せておきながら、他の登場人物がカルト系狂気?を持っていて、お話がファンタジー的なぶっ飛びを見せる所や、生き残った友人と人間的なお付き合いの雰囲気が一切なく放置、最後のシーンでそういうのも気にならなくなる「あ〜、なるほど。」となる所で実は不真面目なファンタジー恐怖映画!

ドラマかと思ったら夏のキャンプの「怖い話」的な展開なのです。 トワイライトゾーンに近いかな?

 

楽しい映画見てヤル気がでてきちゃった。さて次は何見よう?