わすれる前に書いとこう! おっさん映画黙視録

映画が大好きでたくさん見るけど、最近はどんどん忘れちゃう! 見て感じたことを大切に〜、映画徒然草。

スパイダーマン:ホームカミング (原題: Spider-Man: Homecoming)

スパイダーマン:ホームカミング 、夏休みの娘とデートがてら見てきました。

マーベルとかヒーロー物はスーパー美人ワンダーウーマンまでいいかな?と思っていましたが、親子で見やすそうなコレに決定。 映画見る前に「君の膵臓をたべたい」が泣けたとか「東京グール」が面白かった、とか友達と見に行った映画の感想を聞きつつ「パパ誘われてないなー」と心の中で悔しがりながら開演。

 

本編は子供・ティーンが見てもよし、本格俳優でありながら元祖バットマンマイケル・キートンの悪役ぶり、永遠のカワイイキャラ女優マリサトメイがお父さんも最後まで楽しめる映画にしてくれていました。

本体の業績までカバーしてしまうソニーピクチャーズの看板タイトルなスパイダーマンは今回で3回転目。 またかよ!と言われても仕方ないサイクルですので前作と違い明快な路線変更が有りました。

1. マーベルキャラクロスオーバー

2. 設定はパス

3. 話は単純で悪役も人間の範疇、諸々身近なスクールもの

 

前回のから3年しかたってないからなのかストーリーは主人公ピーターの身の上や、同居先のおじさん夫婦のおじさんが殺害されて正義に目覚める、というような導入は一切なし。

面白いのは ガールフレンドがこれまでブロンド・アホキャラな女子高生で配役では毎回無理ある雰囲気(1作めキルスティンダンスト、2作めエマストーン)でケバさすら感じたヒロインが今回は理系優等生の黒人美少女で清純派。主人公にチューをしたりも無いので親子鑑賞でもOK,学生生活の範疇がおおく若い人向け。

そしてソニーピクチャーズの業績を支えるべくマーベルと提携して売上アップ、お話は無理なくワイドに世界観は大幅スケールアップ。話は単純ながら広がりがあるので2時間持つ、という感じで資本の力はすごいな〜、っと変な感心をしてしまいました。

娘も喜んでいたのでコレにしてよかったよかった。

 

 

映像にも滲んでいますが「デットプール」に近いノリの映画。

 

つぎはワンダーウーマンだ。美人なので弾が避けて通っても全然気にならないぞっと。

www.youtube.com