T2:Trainspotting / トレインスポッティング2 と Misfits

SING!に続いて懐メロ映画(?)T2:Trainspottingを見てきました。

 

www.youtube.com

 

前のは20年前、ユアンマクレガーが泥棒して走って逃げてラリっちゃうハイセンス映画、っていうようなボヤ〜んとした記憶で見るのはもったいないぞ!っと、前日にAmazon primeで予習してから突撃しました。

内容ですが、いや〜、面白かった、楽しめました。 冒頭で ”Danny Boyle Film”のクレジットが出てきてまず感動。 サンシャインっていう変な映画を作ってしまったあと、スラムドッグミリオネアで巨匠入りし、出世作から20年後の凱旋です。 

 

ネタバレになるので細かい話はかきませんが全編にセルフオマージュが散りばめられており、映画の中に写真作品を挿入するかのような歴史に残るあのシーンやあのシーンが20年後のスコットランドに蘇ります。 もう一回くらい見に行くかもしれない、おっさんには共感できるところも多く特に私的にだぶるところもあり・・・。(汗

またタイトルやら色々謎ぽいところもある本作、ここの人物の事情の種明かしなんかもあってストーリーも続編ならではの楽しみがありました。

 

で、分からない要素その1なんですが、昔この映画を見て「エゲレスの発音ってヘンなんだ??」って思った人も多かったんじゃないかと思いますし英語教材の記事などでも訛りのエピソードで良くてネタにされています。 実際僕も当時そう感じたのですが、最近「うわー、もっと凄い訛りあるんだ」ってびっくりしたのが 英国TVドラマシリーズMisfits。 どのくらい凄いかというと、youtube検索で 
misfits kelly ,と入力すると misfits kelly accent と補完されるほどです。(笑 

www.youtube.com

元々なんて言っているかわかりませんがこうなるとホントわかりません。 

 

もうひとつわからない要素がタイトル。 Trainspotting っていみわかんないなー、っていう人多いと思いますけどコレじゃ辞書見てもわかんないや、って感じです。

d.hatena.ne.jp

物語のリースという町の鉄道操車場を意味するスラングな蔑称だそうで、廃線になったあとジャンキーのたまり場になっていた事から。 

EU金融バブルで盛り返した英国、いまではだいぶちがうことになっているんでしょう。劇中でも前作の遊んだ感じとだいぶ違います。 見に行って確認したいなぁ。 スコットランドに行きたくなる理由はもうひとつ、ランニングのシーン。 記事によると Holyrood Parkというところらしいです。 あ〜、いって走りたい。

T2 Trainspotting Itinerary - This is Edinburgh

ココ Google マップ

 

 

劇場はあまり人が入っておらず、お客さんは全年齢でホボ女性。

おっさん向けの内容だと思うんだけど世の中わからないものです。ダニー・ボイル、ホント偉大だ〜。(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#T2 #Trainspotting #Trainspotting2 #Misfits #Scotlant