メッセージ (原題: ARRIVAL ,2016)

ドゥニヴィルヌーブ監督 2016年公開作品 ARRIVAL (邦題:メッセージ)が公開されたので早速見てきました。 

 

原題のARRIVALはおそらく、原作から来ていて、 米SF作家テッド・チャンが1998年に発表した短編「Story of Your Life, Arrival」 がそれで原作邦題は「あなたの人生の物語」としてハヤカワから出版されています。 がくせいのころから SF小説が好きなのでこれを購入して読んでから劇場で見ました。

ネットで見ると酷評?もあり「たしかに原作は映画ににしくそうだよねー」と思いながら見に行きましたら、予告編でまたしてもブレードランナー2047! 嫌がおうにも上がります♪

でつまらないぞ!という評価もあった本作ですが、どっこい原作の良さを損なわず見事な映像化。 ドゥニヴィルヌーブ監督すごいすごい。

ラストとか細かく原作と違うところもあるのですが、原作大好きな人がうれしくなる作りでなによりエイミーアダムズがバッチリハマってます。 序盤では中年の学校教員、というやぽったい風体なのにだんだん魅力的に・・・そして、かわいさが滲んでくるあたり・・・さすがプロ、というか女優さん!  この人の鼻が地上で3本指にはいるくらい好きなので出てるだけでうれしかったりするんですけどね、ぐふふ。

派手なSFを期待して見に行った人はがっかりするのかもですが、きちんとお話重視、アカデミー俳優のフォレストウティカーをムリに活躍させようとしなかったり、いろいろ好感が持てる作品となっておりました。 映画って、いいもんですね、って思いたい方は是非。

 

 

www.youtube.com